前職が強みになったチャットレディーの仕事

友達がチャットレディーをしていました。

その前の仕事がデート商法のアクセサリーを売る仕事をしていました。その友達は小学校からの友達でしたが、社会人になるまで彼女がモテた所は全く見た事はありませんでした。

しかし、社会人になり化粧や服を一変しアクセサリーを売る仕事で男性の気持ちを良く考え理解しようと勉強したお陰でかなりモテるようになりました。アクセサリーの仕事は直接その男性を会い、それなりに信頼関係を深めていかなくてはなりません。目的のアクセサリーを売る事が出来ればその関係も構築しなくてもいいのですが、その後のアフターフォローも要る様で、ただのお客さんとプライベートな時間を費やす事に嫌気がさした様です。そんな仕事に煩わしさを感じ普通の会社員になりましたが収入が極端に減り、男性との会話にも自信があった様でチャットレディーを副業で始めました。

パソコンのタイピングも得意な事もあり、本人に会わなくてもいいという簡易な気持ちで始め、お小遣い稼ぎになると喜んでいました。二度と男性に色で仕事をするのは嫌がっていましたが、その頃の相手の気持ちを考えたり喜んだり、何を言って欲しいかを考えながら接していた事が強みになったと逆に以前に仕事に感謝しているようでした。本気の彼氏ができたらこの仕事は辞めると言っていました。やはりどこか今も後ろめたさはある様で彼氏の嫌がる事はしたくないと言っていました。それまで稼げるだけ稼ぐと豪語していました。確かに口コミ見てみるとそれなりに稼げるようですね。→http://チャットレディ.co/?p=100

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です